雪あかりの路3日目

今日は毎年恒例の友人との撮影。

日曜日だから混んでるとは覚悟してたけど激混み。
運河沿いの散策路は狭いから特にそう感じます。

画像


画像

1月は大雪だったけど、2月は暖気で雪が溶けて真っ白い雪を期待して来た人には
ちょっと期待はずれかも。
スノーキャンドルやスノーオブジェも溶けてます。毎日の修復が大変そう。


画像





都通りにもスノーキャンドルが。
画像


*2月6日撮影*

この記事へのコメント

みそ
2011年02月08日 21:14
今晩は!
写真展の受付が終わったら小樽に行くって言ってました。
毎回2人の素晴らしい写真に感動です♪ 
私も挑戦と思いながら今年も体調不良で宣言しないで正解でした。
何時になったら行けるのか・・・?

「明りの路」が伊藤 整氏の詩集だとは知りませんでした。
氏を知ったのは高校生の頃で「女性に関する十二章」とか「チャタレイ夫人の恋人」の翻訳で
性風俗云々で有罪判決名に為りましたが今だったら問題に為らないでしょうネ!
ただ、残念ながら読んでないが家内に聞いたら読んだけど殆どカットされてたとか。
久しぶりに氏の名前に触れて懐かしく思ったものですから。
webmistress
2011年02月09日 18:21
みそさん>
こんばんは~。
毎年恒例(今年で8年目かな)の2人での撮影でした!
雪あかりの路は逃げませんから、来年でも再来年でも
宣言してください。健康第一です。

雪あかりの路は伊藤整の詩集『雪明りの路』からとっているそうです。
読んだことないのですけど(^^;;;

この記事へのトラックバック