メディカルハーブ

先月受験したメディカルハーブ検定に合格しました。
これでメディカルハーブコーディネーターの資格を得ることができます。

アロマテラピーアドバイザーに続いて癒やし系資格2冠達成(^^v
アロマテラピーの次の段階のアロマテラピーインストラクターを目指すか、
メディカルハーブの次の段階ハーバルセラピストを目指すか。
アロマもハーブも好きだけどどちらかと言えば自分にはハーブが向いているかなぁと
思います。
アロマだと、厳密に何パーセント希釈とか何滴とか決まっているけれど、
ハーブだと好みで調節できるから。
最近はそのときの体調に合わせてハーブをブレンドしたりシングルで水筒に入れて
職場に持って行っています。

職場と言えば、この春の人事異動で変わりました。人事異動のたびに新しいことを
一から始めるから、最初のうちは非常~に疲れます。自分の居場所が無いとも感じるし。
また4年後には異動だと思うけれど、わたしはその前に翻訳家として羽ばたきたい。

この記事へのコメント

SEABAT
2012年04月11日 21:31
おめでとうございます。まだまだチャレンジが続きそうで、楽しみにしています>あれ?お父ちゃん気分?(爆)

私は部署の異動経験はありませんが、専任担当は変わっていくはずだったのに、大半(過半)の年月を救急で過ごしました。まぁキライじゃないし性分には合っていたと思いますが、他の担当部門と違って、私たちだけ深夜の応援コールで出て行くのは悲しかったりもしましたけどね (笑)
エックス線検査も世界的に約束処方みたいに撮影パターンはあるのですが、こと救急に関してはそうはいかないことが多く、そこは技師個人個人の判断や発想で撮影方法を考えて行います。
つまり結果として正しい・貢献ができるのであれば、それは最良の行為(正しい診断に繋がった)であったと言えるわけです。
自らの思うところ、願う方向へと進めるお立場ならば、是非邁進していってください。
ガンバ♪ p(^o^)q
webmistress
2012年04月13日 23:09
お父ちゃん?(笑)
ありがとうございます。
今更始めてもとやらなかったら、後からあのときやっておけば
良かったと必ず後悔すると思うのです。
癒やし系の資格へのチャレンジは、ストレッサーに自分で対処
できるようになりたかったからかな。

SEABATさんは臨機応変の対処が求められる部門だったのですね。
深夜だと寝ているときにたたき起こされるって感じなのかしら?
私は前の前の前の職場にいたとき、深夜に電話で起こされて、一時
電話恐怖症&不眠症っぽくなりました(ToT) 男性は壊れるけど、
女性は壊れないから配属されたという噂もあった不毛な職場。
暗黒の4年間と呼んでます(^^;;;

私の夢は、翻訳で食べていけるだけの実力をつけて、今の仕事を
定年前に辞めること。
シブリン
2012年04月15日 19:40
資格取得おめでとうございます。いろんなことにチャンレジされているんですね。すばらしい。そのエネルギーはどこから出てくるのでしょう。さて、わたしは「翻訳で食べていける」確信もないのに仕事をやめて翻訳の勉強を始めました。ばかですね。そして、夫の収入に頼って、翻訳の勉強をしてきました。去年はちょっと幸運なことがありましたが、わたしの挑戦している分野は初版がふつう4000部くらい(多くて5000、少なくて3000)。印税も多いところで6パーセント、ふつう4パーセント、一度はいろんな関係で2パーセントのときもありました。一年に二冊出せれば「大成功」って感じなので、特別なことが起こらない限り、年間の収入も計算できるというものです。夢を持っている人に現実をお知らせするのはつらいものがありますが、、、名の知れた人でも、大学とか短大とか予備校とかで教えている人が大半だと聞いています。大変な世界です。かつて共訳を経験した人の多くは翻訳の勉強そのものをやめています。でも、新たに始める人ももちろんいるわけですけど。ほんと、いつまでいっても大変な世界。と、わたしは弱気ですが、どうぞがんばって夢を実現してください。
webmistress
2012年04月15日 21:45
シブリンさん>
お久しぶりです♪

>そのエネルギーはどこから出てくるのでしょう。
あのときに始めてれば良かったと思ったことが以前あって、
もう後悔したくないから。
30歳のときに、もう30だし、今からやってもなぁと思っても、
35歳になったときには30歳のときにやっておけばよかったなぁと
後悔する。じゃあ、40歳になったら35歳の時に始めておけば良かった、
45歳になったら40歳のときに始めておけばよかったと思う。そんな感じで、
年齢のせいにして、やりたいと思うことをやらなければ後から絶対に
後悔すると思うからです。何かを始めたいと思ったときが始め時で、
自分の心に従おうと思ってます。逆に誰かにいいよって勧められても、
自分がやりたいという気にならなかったらやらない。
多分、家族が2年連続して亡くなって、自分もいつかは死ぬんだと
いうことを改めて実感して、死ぬとき後悔したくない、そう感じた
からかもしれません。

翻訳の勉強は、新しい知識が増えるので、これからも続けて行きたい
と思っています。
まず翻訳で国民年金と国民保険と税金を払えるだけの収入を得られる
ようになりたいです。


この記事へのトラックバック